RECRUITMENT - Staff

社員紹介

オーガニック食品販売 外商課 屋台デリ担当 村上

子育てをしながら、仕事の質を追求

2006年
新卒入社
2007年
店長
2011年
店舗マネージャー
2016年
出産・育休
2017年
復帰後 時短勤務 屋台デリ担当

先輩の言葉を、次に伝えられる存在に

新卒として入社後、すぐに路面店への配属となりました。
当時は1店舗の運営にアルバイトスタッフよりも社員の数が多かったのですが、その分、一人一人が役割分担をして、じっくり指導とフォローをしてくださったため、この先輩のように動けるようになりたいと身近に目標ができたことで、日々楽しく仕事ができました。
大きな失敗をしたことがありましたが、そんな時でも、「二度同じ失敗をしなければ大丈夫だよ!」と優しく言葉をかけてくれたこと、今でも胸に残っており、翌年からは自分がそういった言葉をかけられるようになっていました。人を指導する時には、ただ叱るだけではなく、愛情を持って接することが大事なのだと、先輩方から身をもって学びました。

新人店長時代の苦い経験から、コミュニケーション力をつけていく

入社してからは、コミュニケーション力を向上する事が出来ました。
もともと人見知りの性格で、誰かと仲良くなるのにも、時間がかかるタイプでしたが、
入社2年目に店長として新店舗のオープンを任された際、初めて、アルバイトスタッフの面接を行いました。
最初は上司同席のもと、指導頂きながら面接と採用を進めておりましたが、まだ私が頼りなく見えたのか、年上のアルバイトスタッフからは、不安なのでと後日入社を断られたこともありました。
その出来事は私のなかでショックだったため、今でもはっきり覚えていますが、それから、店長としてアルバイトスタッフとどう接するべきかを真剣に考え、日々のコミュニケーションの中でその関係性の構築方法を体得していきました。

スタッフやお客様からのうれしい声でやる気になります

今の私の目標は、担当する屋台デリで良い成績を収めることです。
そのために私にできることは多々あって、「販促計画を練る」「商品開発の依頼」「アルバイトスタッフからの意見を吸い上げ形にする」等、やりたいことやれることはたくさんあり、それを考えられることに仕事のやりがいを感じております。
日々、アルバイトスタッフ自身やお客様からオーガニックハウスの商品は本当に美味しいとお褒めの言葉をいただくたびに、本当にうれしく思い、より多くの人にその感動を伝えたいとやる気が湧いてきます。
また時々ヘルプで販売に入りますが、やはり現場が長かったので、販売の楽しさを感じられることも自分のモチベーションアップに繋がっています。

今は、オフィスで働く方をメインに販売しておりますが、まずは屋台デリを成功させ、その先の未来では、妊婦さんだったり、食育の一環として、小さいお子様にも食べていただけるような販売をしたいと思っております。

育児をしながら時短勤務だからこそ仕事の質を追求する

時短というスタイルで勤務させていただいておりますが、外回りで移動時間も多い仕事なので、与えられた時間内にいかに効率よく仕事するかが育休からの復職後の私の課題です。
最初10店舗だった屋台デリも25店舗に増店し、それに伴い、アルバイトスタッフとのやりとり、売上管理、発注業務により時間がかかるようになりました。これまでと同じやり方では、時間内に仕事が終わらないので、各システムの改善を考えるとともに、PCスキル(エクセル等)の向上を図り、今後は時間の無駄を減らしていきたいと考えています。