Organic - Central Kitchen

オーガニック事業セントラルキッチン

弁当イメージ

オーガニックハウス向けの商品提供を目的に2006年10月(平成18年)にセントラルキッチンを設立。2013年3月(平成25年)には国内でも工場としては数少ない「有機加工食品の日本農林規格の生産工程管理者」に認定されており、弁当、惣菜等の製造を行っております。

現在では、自社直営店以外の企業顧客にも各種商品を供給しております。

セントラルキッチンでは、調理時に、食品添加物を一切使用しておりません。原材料にも保存料やpH調整剤などは入っておりません。そのため、衛生管理、検査体制などを細心の注意を払い、衛生的にも安心・安全な食の提供を心がけております。

セントラルキッチン概要

外観

設立 2006年10月(平成18年)
所在地 東京都大田区東糀谷一丁目5番13号
有機JAS認定番号 日本農林規格登録認定機関
ビューローベリタスジャパン株式会社
MPJP1721
工場従業員数 59名
延床面積 1821㎡

(2018年3月現在)

加熱室

主な製造設備概要

野菜洗浄機、フードスライサー、野菜脱水機、スチームコンベクションオーブン、連続炊飯器、連続フライヤー、コンベアオーブン、真空包装機、充填機、スチームケトル、ブラストチラー、急速冷凍機、真空冷却機、金属検出機、他

衛生監督室

品質管理

社内微生物検査、外部検査機関による残留農薬検査、社内簡易放射能検査、外部検査機関による放射性物質検査、その他品質管理室主催の衛生巡回、衛生講習による、定期的な衛生教育の開催

豆腐旬菜

主な製造品目

弁当各種、惣菜加工用ソース、ドレッシング、ハンバーグ、弁当用惣菜